2013年6月12日 (水曜日)

突発性発疹の洗礼!!(>_<)

 

のろのろ台風3号・・typhoon

明後日頃まで、伊豆半島の南の海上に居座りそうですね~sweat01 この台風の影響は、大瀬崎にはウネリが外海に少し感じられる程度で、湾内はいたって平和な感じではありますが....。

 

 

 

我が家には、台風以上の爆弾低気圧 が上陸?!bomb

蓮音ちゃん、ついに来ました~ 『突発性発疹』

・・生後6ヶ月~2歳に頃に多く発症する感染症で、症状は突然の高熱が3~4日間ほど続き、熱が下がると同時に顔や体に赤い発疹が出るという病気です。

 

 

6月7日(金) 保育園で発熱38.2℃⇒帰宅後39.2℃

6月8日(土) 病院へ 解熱剤と整腸剤を処方。夜39.2℃

6月9日(日) 「マァーマ」がヒートアップして超グズグズモード!食欲もナシ。夜にとうとう40.2℃!!さすがに怖くなって解熱剤投入。。

6月10日(月) 熱は38.5℃に下がったが、相変わらず食欲ナシのグズグズモード。スーさんに託して買い物に出かけるも・・泣き続ける蓮音にスーさんもグッタリ...。(^_^;)

6月11日(火) 朝、発疹を発見!!熱は37.0℃。⇒病院へ

 

130611rene1web

「これが突発性発疹ね~」

と、原因がわかって一安心・・ ホッ...japanesetea

 

・・と、思ったら。

超不機嫌極まりないっっっ!!shock

 

その前からも夜中に何度か夜泣きはしていましたが・・ 発疹後は1時間おきに悲鳴!! 抱っこすれば少し落ち着きますが、置いた瞬間ギャーッ!!thunder

・・安眠は勿論、食事の支度もトイレにも行けません。。crying

 

 

 

はぁ~・・

でも、一番辛いのは、本人だろうし....。

 

発疹は2~4日間らしいので、もうひと踏ん張りかな~

これも立派な成長の証!!shine

 

・・と、慰めて、頑張りまーす。笑

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木曜日)

4月4日、大瀬祭り♪(^O^)/

 

昨日の4月3日は、女の子の日。。cherryblossomshine

我が家の 蓮音姫の初節句 でした~\(^o^)/

 

130403rene3web
おばあちゃんが一針一針・・ 愛情をこめて手作りしてくれた、世界に一つだけの三段雛飾りheart04

 

130403rene1web
狭い我が家には丁度いい・・ パパの背丈ほどある 「つるし飾り」 も、超豪華バージョンで手作りしてくれました~!!happy01shine

(家の中に窓がある・・変な家です。笑)

 

 

 

え?4月3日? 3月・・じゃなくて??

 

そぅなんですよ~

ノリゴンの地元の富士宮市もそうなんですが・・ 大瀬崎や自宅周辺の地域も 4月3日が「桃の節句」 なのです♪

 

 

 

そして、今日4月4日は・・ オカマの日?!coldsweats02

(3月3日女の子の日、5月5日は男の子の日なので。笑)

 

この日毎年・・春を告げる 「天下の奇祭!大瀬まつり」 が、今年も盛大に行われました~!!(^O^)/

130404ose2web_3
青空の下、凪の海、富士山に見守られながら・・

 

130404ose3web
大漁旗を掲げた“踊り船”が、自宅近くの漁港から出港~!!

 

130404ose1web
大漁と航海の安全を願って参詣する“大瀬まいり”の船が、大瀬崎の桟橋に大集結してきました!!

 

130404ose4web
大瀬まつり名物!!

化粧と長襦袢を着て女装した若衆たちによる、勇み踊り♪

 

130404ose5web
よさこい踊りも披露されました♪

 

 

 

今年も良い天気に恵まれ、最高の祭り日和でした!!happy01sun

保育園はまだ“ならし期間”で半日なので、お昼前に蓮音を迎えに行ったのですが・・ 海沿いにある保育園なので、船がお外で遊ぶ園児の近くまで来て踊ってくれたみたいですよ☆

こうして、伝統は次の世代へも受け継がれていくのですね~

 

いつか、蓮音もお船に乗るのかな♪

来年も楽しみです!!\(^o^)/

 

 

 

flair お知らせ flair

明日4月5日(金)~4月8日(月)までの四日間、「東海大学新入生の採寸会」と「マリンダイビングフェア&ガイド会ライブ」出席の為、ダイビングツアー開催はお休みとさせて頂きます。

8日(月)以降のご予約&お問い合わせは、上記期間中も随時承れますのでご連絡をお待ちしております。

皆さまにはご迷惑をお掛けしますが宜しくお願い致します!!

                m(__)m

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)